エコノミスト2019年7月9日号「ドローンとAI顔認証技術」

本日(2019/7/1)発売の「週刊エコノミスト2019年7月9日号」に、 「進む「ドローン×AI顔認証」技術 米国で高まる人権侵害への懸念」という拙稿(エコノミストリポート)を掲載して頂きました(79頁)。

2019/6/13に施行された改正ドローン規制法、ドローンによるデジタルインスペクション等の産業利用、ドローン撮影画像について安全保障上の観点(ジオイント)から米国国土安全保障省(DHS)の移民関税執行局(ICE)やサイバーセキュリティ・インフラセキュリティー局が懸念していること、アマゾンAWSのRekognitionを巡る株主総会提案・サンフランシスコ市議会の条例・グーグルATEAC等の動向(この点について、BERCシニアフェローの菱山隆二先生に貴重なご教示を賜りました。ありがとうございました)、内閣府・総務省審議会の議論等を踏まえて、ドローンとAI顔認証技術が結びついた場合に懸念されるプライバシー侵害について論じてみました。

お読み頂ければ幸いです。

(なお、今回の寄稿は個人的見解を表明したものであり、筆者の属する組織の公的見解を代表するものではありません)

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です