ニューズウィーク2018年12月4日号に寄稿

本日発売の「ニューズウィーク2018年12月4日号」に、日産カルロス・ゴーン会長の逮捕について分析した拙稿を掲載して頂きました。

剛腕ゴーンが落ちたクーデターの闇 「コンプライアンス造反」は日本企業に根付くのか

というタイトルです(32〜34頁)。

お読み頂ければ幸いです。

(なお、今回の寄稿は個人的見解を表明したものであり、筆者の属する組織の公的見解を代表するものではありません)

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です