週刊エコノミスト「サウジ皇太子が掲げる聖域なき摘発、日本企業進出の窓口一新も」

ムハンマド皇太子の主導する腐敗摘発は今後どうなるのか、日本企業へはどう影響するのか。

これらの点について、本日発売の「週刊エコノミスト2017年12月12日号」に、「サウジ皇太子が掲げる聖域なき摘発、日本企業進出の窓口一新も」というレポートを寄稿させて頂きました。巻頭部の14-15 頁です。

お読みいただければ幸いです

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です