韓国・金英蘭(キムヨンラン)法の射程と影響

今月のBERC「外国公務員贈賄罪研究会」は、韓国特集です。

韓国といえば昨年2016年9月28日に施行された「金英蘭法」(キムヨンラン法)が注目を集めています。金英蘭法といえば、民間人ジャーナリストや私立学校の先生を「公職者等」(公務員)に含めたことによって、全世界に衝撃を与えたことは記憶に新しいところです。

アップルが企業イベントWWDC2017への招待対象から韓国メディアを除外する等、グローバル企業の広報体制にも大きな影響を与えつつある金英蘭法。実は、適用対象が一部民間人にも拡大されているという民民贈収賄防止の流れに棹さしているだけではなく、内部告発や報奨金の規定も含めて、多くの示唆を与えてくれるものです。

そこで、今回の外国公務員贈賄罪研究会は、韓国に進出している企業による事例発表を中心として、金英蘭法について詳細に検討を加えていきます。ソウルで取材した最新情報もお届けしたいと思います。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です