ビジネス法務9月号「中国における外国公務員贈賄罪の新設」

7月21日発売の『ビジネス法務』2012年9月号(中央経済社)に「中国における外国公務員贈賄罪の新設」という論文を掲載して頂きました。
中国は昨年2011年、刑法を改正して「外国公務員贈賄罪」を新設しました。このことは米国FCPAに端を発する「外国公務員に対する贈賄を違法化する」という立法政策のトレンドが遂に中国へ到達したことを意味します。

そこで、その中国版外国公務員贈賄罪の内容と意義について、国際潮流の中に位置づけながら分析を加えたのがこの論文です(なお、本論文における意見にわたる部分は筆者の個人的な見解です)。ありがとうございました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です