羽田空港の沖合

週末は、船にのって羽田の沖合に行ってきました。

hanedaoiki-224x300

羽田空港と言えば、4本目の滑走路(D滑走路)が昨年10月に新設されたり、多摩川左岸に「羽田空港船着場」(Haneda Airport Wharf)が11月30日に完成したりと、馴染みのある風景が激変しているスポットです。

この羽田空港船着場、現在はチャーター屋形船が利用することがもっぱらのようですが、いずれ「船で羽田に行って、飛行機に乗る」という利用スタイルが実現することになるかもしれません。

D滑走路の整備について概観するのに一番いい資料は、コレです。
http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/haneda/haneda/haneda_saikaku/pr/panf/pdf/no-001a.pdf
船着場については、公式サイトをご覧ください。
http://www.big-wing.co.jp/pier/

京浜運河を下っていくと、すぐ横をモノレールが並走していたり、川沿いの公園でランニングしている人がいたりして、のんびりとした休日の雰囲気が楽しめます。羽田空港の付近では、ぴしゃぴしゃと海面を跳ねる魚が意外と大きいのでびっくりしました。

tokyobay-300x300

こうして、羽田の沖合から東京の都心部を見ると、あたかも東京が「空と海の間の薄い膜」の上にのっている存在に過ぎないかのような錯覚にとらわれます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です